不動産投資成功への道案内

ズバリ!パートナー選びである!!

不動産投資は個人の信用と不動産担保でレバレッジ効果を最大限に生かした投資方法です。
稀に現金で不動産購入される方もいらっしゃいますが、ほとんどの方が一定期間の融資をうけて不動産運営を行うからです。よって、お金を貸して頂ける金融機関、適切なアドバイスのできる不動産業者のパートナー選びは最も重要です。
では、不動産購入に失敗しないためのポイントをご紹介致します。

目的をはっきりさせる!

不動産投資と一概に言ってもその目的によって手段は異なります。
「家賃収入が欲しい」、「節税対策がしたい」、「相続・贈与対策がしたい」などまずは、どの目的のために投資をするのか、はっきりさせることが重要です。
そのうえで、預貯金や年収などを考慮し、安定した生活を確保できるよう基本計画を立てることが大切となります。

ニーズにあった取り組みをする!

利回り重視で不動産を購入された場合、入居者が確保できずに雲を掴むような話になっている方をたまに見かけます。インターネットの普及により物件探しが容易な現在、入居者はまずインターネットから検索して物件を探すことが多くなっています。ニーズに合わないものだとすぐに競争の舞台から外されてしまうのが現実です。
不動産投資ではいかに入居者ニーズを掴むかが成功のポイントとなります。立地・設備・仕様などを決める時も、それは入居者が求めているものなのかを基準に決めて頂きたいです。

コスト・リスクを把握する!

不動産投資にはもちろんコストがかかります。初期投資に加えて、物件の資産価値を維持するための管理費や修繕費、ローン返済や固定資産税、減価償却費が主なものとなります。
家賃収入からコストを差し引いた金額が収益となりますが、ローン負担ゆえに収益を残すことは簡単ではありません。また、家賃の下落や金利の上昇、空室といったリスクなども考えていかなければなりません。もちろん、空室を出さないことが家賃の下落・空室リスクへの回避となるため、お金をかけるところにはかけ、絞るところは絞り、メリハリをつけた柔軟な発想が必要です。

経営が成り立つかどうかをチェックする!

不動産を購入・保有する目的は大きく分けてつあります。

その1 自分で住む

その2 他人に貸す[インカムゲイン]

その3 他人に売る(キャピタルゲイン)

マイホームであっても、投資用の賃貸物件であっても、「自分が住みたいと思えるか」、「他人に貸すことができるのか」という視点で選ぶことが大切となります。また、いざという時に転売して換金できるのかも大切なことです。
物件購入にあたっては中長期的に賃貸物件として経営が成り立ち且つ売却が容易であるかどうかを厳密にチェックする。そうした選択眼を持つことが失敗しない不動産投資となります。

私達は日頃から賃貸仲介業者や入居者、入居希望者とお付き合いさせて頂いております。
今現在ではどのような需要がどの立地、設備、仕様にあるかなど生の声を聞くことで適切なアドバイスをさせて頂いております。また、お客様の条件をお伺いし、金融機関の選定、融資条件(融資期間・金利・金額など)の折衝や安心のできる無理のない事業計画を考案させて頂いております。
賃貸経営の立場では見えない点、聞こえない点を、株式会社アルファーが力添えさせて頂きたいと思います。